アメリカで就職できるの?

ここでは、アメリカ留学中に就職活動を行う場合のメリット・デメリットや留学を活かした就職のコツを紹介しています。

アメリカ留学生の就職活動をリサーチ

国際化の進む日本の就職市場において、国内企業においてもグローバルな人材が求められています。

留学経験のある人はコミュニケーション能力は当然ながら、バイタリティや社交性が豊かであるといった企業側の期待も強く、海外大卒者が本領を発揮できるフィールドが広がりつつあります。

海外の企業に就職

留学先の大学を卒業しそのまま現地の企業へ就職したいと考えている場合、業種や環境によって千差万別ではありますが、やはり難易度は高く、即戦力が不可欠となるため日常会話以上の英語スキルが必要です。

海外でも主だった企業への就職に一番必要なのは何といっても行動力!待ちの姿勢よりも、直接売り込むのが最も有効のようです。

日本から海外の企業に就職するよりは情報収集が圧倒的に有利で、留学中の人脈も活用出来るメリットがあります。

海外にある日本企業に就職

現地の企業が新しく日本人相手のビジネスを始める場合や、日本企業が新しく海外に拠点を出したりする場合、日本でスタッフを募集することがあります。

また、海外に支社・支店のある企業に就職し、海外駐在員として認めてもらう方法もありますが、どちらも高倍率となっています。

就職出来た場合は日本の会社規定となるために、高い給与と駐在員用の高級住宅などが与えられる好待遇が魅力です。

日本の日本企業に就職

留学後は帰国して日本で就職したいと考える場合は、日本の就職情報サイトを通じた情報獲得が基本的な活動となります。

ただし、日本在中の人が前提の募集内容だったりするので、注意が必要です。

しかし最近では海外留学中の学生向けの就活情報として、留学生の帰国時期に合わせた秋採用の海外大卒者枠を設けるところが増え、海外大卒者の就職ルートが確立しつつあるので、ウェブサイト内の情報を確認してみると良いと思います。

留学前から帰国後のプランやキャリアを意識することで、留学中の過ごし方、成果は歴然です。

留学中にやっておくべきことを事前に把握し、留学の成果を帰国後の就職に最大限に活かせるよう、有意義な留学生活を送って欲しいと思います。

留学後の就職についてサポートが受けられるエージェント

留学エージェントは、留学までの手続きの手伝いや留学中のサポートだけでなく、留学後の就職の相談にも乗ってくれます。

留学を検討しているならば、相談してみるのがおすすめです。

無料で大学留学のアドバイスをしてくれるエージェントとは

ページの先頭へ