かかる費用

ここでは、留学費用の内訳として大学の種類別の学費や生活費を算出。留学費用の節約方法や奨学金ついても解説しています。

気になる留学費用と奨学金について

留学費用とは主に学費と寮・食費をあわせた額が基本となっていて、生活費は滞在地域と留学スタイルによって個人差があります。

留学生の年間学費の目安

2年制大学の場合

私立 18,000~25,000ドル
州立・公立 6,000~8,000ドル

4年制大学の場合

私立 15,000~35,000ドル(平均27,000ドル)
州立・公立 8,000~35,000ドル(平均20,000ドル)

4年間の大学留学にかかる総費用は、物価の安い地域の大学で寮住まいを選ぶと、東京の私大に通いアパート暮しをするよりも結果的に安くなる可能性もあります。

留学費用の内訳

  • 入学金・授業料・テキスト代・・・概ね現地払いとなる
  • 滞在費・・・ホームステイ・学生寮・シェアハウスによって異なる
  • 食費・・・ホームステイや学生寮の場合はあまりかからない
  • 交通費
  • 書籍代・・・大学・大学院留学の場合は多めとなる
  • 遊興費・・・カフェ、飲み会、旅行など
  • 航空券・・・シーズンや出発日により異なる
  • 保険・・・大学によっては加入保険を指定する場合もあり
  • ビザ発給料・・・各国大使館の規定による
  • パスポート取得

留学費用を節約するポイント

アメリカの大学は「単位制」なので、4年制大学を3年で卒業することも可能です。単位制を上手く活用することで留学費用の軽減に繋がります。

また、日本の大学で取得した単位をアメリカの大学に認めてもらい、その大学に編入することも留学費用の節約手段の1つです。

日本の大学については、夜間でも放送大学でも通信制の大学でも、短大でもOKなのでお勧めの節約留学プランです!

奨学金で海外留学

海外留学の奨学金は、ある程度の成績を収めていれば、受け入れ先の学校から獲得できる場合があります。

申請時に語学力に不安がある場合は、信頼できる留学エージェントに相談してみるのもひとつの方法です。

ある程度の成績を持つ学生であれば、個別に奨学金について交渉してくれる場合もあるので、利用してみると良いと思います。

奨学金や費用について相談ができるエージェント

ワシントン州の大学への留学について無料でアドバイスやサポートをしてくれるエージェントに海外留学推進協会があります。
学校入学までの煩雑な手続きの手伝いや、アメリカでの生活のアドバイス、奨学金などの費用の相談など、気になることはたくさん。 留学を検討しているならば、相談してみるのがおすすめです。

無料で大学留学のアドバイスをしてくれるエージェントとは

ページの先頭へ