留学したいならまず知っておきたい基礎知識

アメリカに留学したい人は、まず日本とは違う大学のシステムについて知っておかなければいけません。ここではアメリカの大学の仕組みについて紹介したいと思います。

留学したいなら知っておきたい一般的な大学の種類

  • ユニバーシティと称され、幅広い専攻分野の学科を学ぶことができる「総合大学」
  • 幅広い教養課程を4年間かけて学ぶ「教養大学(リベラルアーツ・カレッジ)」
  • 美術や音楽といった専門的な学習に特化した「専門単科大学」
  • 最低限の教育と職業訓練を受けられる公立の2年制大学である「コミュニティ・カレッジ」

アメリカの大学の特徴

  • 理系・文系といった専攻の分類がない・・・大学に通う事で社会に通じる『リーダー』を養成する人材教育を行っているため、幅広い知識を持つように専攻の決まりはありません。
  • 柔軟なカリキュラムと単位のシステム・・・単位制なので卒業までに必要な単位を修めれば3年や3年半で卒業することが可能で、他の大学に単位を移行することも出来ます。
  • 高度な専門学は大学院でしか勉強出来ない・・・医学、法学、獣医学をはじめ、宇宙工学やカウンセリング、セラピーなど専門性の高い分野は大学院で学ぶことになっています。

アメリカには社会や学生のニーズに応じた多彩なプログラムがあり、単なる知識の習得だけではなく、より実践的・実用的な知識と技術を身につけることが可能だと思います。

ページの先頭へ